調理師専門学校に関する情報が満載!

このサイトでは、調理師専門学校に通って調理について学んだり、「食生活アドバイザー」の資格をとることを検討されている場合に役立つ情報をご紹介しています。
「食生活アドバイザー」以外の学校で取得できる資格や、調理師専門学校に入学する方法、入学資格のある年齢についてなどといったことなども掲載しています。
専門学校に通って将来、調理師を目指したい方、飲食業界のプロフェッショナルとして活躍したい方などにはおススメです。

調理師専門学校で取得できる「食生活アドバイザー」が役立つ場面

調理師専門学校で取得できる「食生活アドバイザー」が役立つ場面 調理師専門学校でも取得できる資格・「食生活アドバイザー」は、食事の栄養素や、病気と食事との関係、運動についてなど健康と食生活の関わりをトータルに考え、「健康的な生活のためにどうしたらよいか」という提案ができるようになる、スペシャリストとしての資格です。
「食生活アドバイザー」の勉強をすることでは、健康的かどうかの観点から料理を考える知識を得られます。
必ずしも調理師にとって必要な資格ではありませんが、高齢化社会であり健康への意識の高まっている現代では、調理師専門学校に通うなかで学んでおくことに損はありません。
とくに病院や、企業、学校などの給食を調理する場面や、食品業界で商品の企画・開発をおこなう仕事に就いた場合には役立つこともあるでしょう。

調理師専門学校の「食生活アドバイザー」取得に向けて行うべき学習内容

調理師専門学校の「食生活アドバイザー」取得に向けて行うべき学習内容 調理師専門学校では、調理師の他にも様々な資格を取ることができます。
その中で、食生活アドバイザー資格は、食生活を見直す幅広い知識が必要な資格です。
そのため、出題範囲も広く効率的に学習する必要があります。まずは、自分の食生活とちゃんと向き合うことから始めれば、学習することがおすすめです。
食に関するニュースや健康問題などにも関心を持つことで豊富な知識が蓄えられ、必然的に試験の学習にもなります。
具体的学習としては、栄養と健康、食文化と食生活、食品学、衛生管理、食マーケット、社会生活などです。
調理師専門学校の授業でも学習する内容が含まれているため、比較的対策しやすい資格だといえるでしょう。
食生活アドバイザーは、食生活の乱れから起こる健康障害や食の安全や環境問題にいたるまで広い視野に立って食に関するアドバイスをします。
健康な生活を送るための的確な提案ができる食生活のスペシャリストとして、食生活アドバイザーは期待されています。
試験には、2級と3級があり、3級はマークシート形式の試験ですが、2級はマークシート形式と記述式の併用です。
合格基準は、3級が100点満点中の60点以上、2級は123点満点中の74点以上となっています。

調理師専門学校に関する情報リンク

調理の基礎から最新技術までを1年間で修得する専門学校のサイト

調理師専門学校